Goodbye Danubius Hotel Gellért

2022年昨年12 月、世界遺産都市ブダペストの中でも、最も古い歴史があり、ブダペストの代表的なホテルのひとつだった、ホテルゲッレールトが惜しくも閉館しました。

20世紀、世界でもっとも有名かつ人気であった建築家によって設計された、アール ヌーボー様式の美しいホテル、ゲッレールト。

そのスパ(ゲッレールト温泉)も大変有名でしたが、昨年末に閉館してしまったこのホテルが、今年から改装工事をはじめ、新たなホテルへと生まれ変わるそうです。

新しいホテルオーナーの計画によると、ゲッレールト ホテルはトップクラスのホテルとして再オープンするのだそう。

長い歴史がある同ホテルの建物はだいぶ老朽化していたので、改修工事は必然だったようですね。

Márton napi Borfesztivál a Gellértben

今回は、ホテルゲッレールトが閉館する前、筆者がワインイベントや、ホテル宿泊&温泉を利用した際の想い出を、懐かしい写真とともに振り返るだけの投稿です。

ホテルゲッレールトに宿泊されたことがある方、スパの利用で訪れたことがある方。

駐在員時代に利用された方、ハンガリー在住日本人の方でも、同ホテルに思い入れがある方もおありでしょう。

こちらの筆者と同ホテルの想い出投稿をご覧いただいて、ご自身とホテルゲッレールトの想い出に浸っていただけたら、と思います。

Márton napi Borfesztivál a Gellértben

2018年11月9日。

ホテルゲッレールトで『Márton napi Borfesztivál a Gellértben』というワインフェスティバルが開催されました。

この写真はその時のもの。

もともと、このイベントに訪れる予定はありませんでしたが、これも不思議な話がありまして。私の個人のフェイスブックアカウント、そのタイムラインに突然、イギリス在住のハンガリー女性からメッセージが投稿されたのが発端です。

その女性はロンドンでハンガリーワインをPRしている方でした。

私のFBタイムラインに書き込まれたメッセージには、

『このワインイベントの招待状が当たったんだけど、イベント当日、ブダペストに行けないから、よかったら私の代わりに参加してきてくれない?招待状はあなたに譲るわ』。

要約すれば、こんなメッセージとやりとりでした。

ぼっちで参加、でも、とってもエキサイティングなイベントでした

その連絡やりとりがあったのが、イベントの前の日。

まったくお会いしたことがないハンガリー女性から突然の連絡、しかもお会いしたこともないのに、いきなり招待VIPチケットを譲ってあげる、なんて、本当に不思議なことが、

ハンガリーワインのPRを始めるようになってから、そんなツイてるラッキーな出来事が多々、これまでにありました。

ということで、ありがたく、招待チケットを譲っていただき、同イベントに、だれも誘う時間がありませんでしたので、ぼっちで参加してきました。

まさにハンガリー人のパリピが集うような、ちょっと派手なワインイベント。

クリスマスシーズンでもあるので、ホテルのロビーフロアの装飾は上の写真のように、クリスマス仕様でした。

どんなイベントだったか、説明は割愛しますが、そのときの写真を捨てるのはもったいない、ということで、本記事でウェブ上に残しておこうと思います。

Márton napi Borfesztivál a Gellértben

Spa at Gellért ゲッレールト温泉

2019年の5月。東京から筆者の身内がブダペストに訪れた際、身内が泊まっていたホテルゲッレールトの客室へ向かい、朝風呂ならぬ朝スパ、朝の温泉を楽しみました。

この時の記憶が曖昧なのですが、筆者も宿泊させてもらったような記憶もあり、そこがもうあやふやなまま。

ゲストルームでワインを飲んでいる写真が残っているので、泊まらせてもらったのかもしれません。。

今から4年ほど前なだけなのに、かなり記憶がとぼしくいろいろと忘れてしまいました。。DHA&EPAの摂取が必然かな。。

ゲッレールト温泉とホテルの朝食

昨年、個人のGoogleフォトの容量がMAXになり、数年前の画像たちを断捨離しようと、せっせと画像の整理をしていたら、まだ残っていた、ホテルゲッレールト、あの空間にいたときの想い出深い写真の数々。

それらの写真を全部削除してしまうのは淋しいと、しかも、ホテルゲッレールトは、昨年12月で閉館。

これは、フィノマガジン上に残そうと、今回、記事にしてみました。改修工事が始まり、新たらしい外観に生まれ変わる予定のホテルゲッレールト。

いつ着工して、いつ工事完了、お披露目となるか、それまで何年かかるのか、全く分かりません。

が、以前のアールヌーボー様式の建築に対して、少しでもオマージュが感じられるホテルに生まれ変わってくれますように。

写真・文 / © Papp Hideko フィノマガジン運営者、ハンガリーワイン協会会長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 + seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

fantastichungary

Papp Hideko パップ英子…ハンガリー発フィノマガジン/フィネスワインピア/ HUNGARY JAPAN WINE 運営者。クリエイティブ・ディレクター、コピーライター、プランナー、ワインエッセイスト、ワイン講師 Level 3 WSET ハンガリー(日本)ワイン協会 代表 、JSA (一社)日本ソムリエ協会ソムリエ教本ハンガリー項代表執筆者(2022 , 2023 , 2024年度版執筆監修)、ハンガリー在住ワインコラムニスト/ Level 3 WSET/ Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate、現在、Diploma Course WSET。

2015年からハンガリー国内のワインフェスティバル等、イベント取材撮影を自身のオンラインマガジン、フィノマガジンで執筆開始。 https://finomagazin.com
2017年秋から、バラトン・バダチョニにあるワイナリーの取材撮影を皮切りに、バラトン・チョパク(3ワイナリー)、トカイ・ヘジャリア、トカイ・マード(トカイ地方は4ワイナリー)、バダチョニ(バダチョニトマイ)、ヴィラーニ(2DHCワイナリー)、エゲル、エチェク、エステルゴムのオーガニック認定ワイナリーと、ブダペスト市内で開催されるワインフェスティバル、ワインマガジンショーなど、精力的に取材を重ねている。

2023年 日本日時 8 26(土) 7:59~9:25 MBS (大阪毎日放送、TBS系全国ネット)で放映された、土曜朝の人気情報番組『サタデープラス』の海外移住スペシャルコーナー『自己流ライフ』にて、約25分間、Papp Hidekoのブダペストライフに密着取材、特集でオンエア、紹介していただきました。

2021年 日本時間1月14日深夜2時30分 ハンガリー時間 1月13日18:30

Japan FM Network JFM のラジオ番組 ON THE PLANET にzoomでブダペストから中継で ハンガリー子育て支援情報について12分間コメンテーターとして生出演。

2019年
・ハリウッド映画MINAMATA(ジョニー・デップ主演2020年公開予定)
2月〜3月/ 日本人エキストラでハンガリー近隣国で行われた撮影に参加。
・東京表参道Aoビル内にあるレストランにて、ハンガリーワインとベリーダンスのマリアージュ企画主催。2夜にわたって開催。
ワインパートでハンガリーワイン講師として出演。フィネスワインピアで取扱うワイナリーの中から厳選した10ワイナリーのPR試飲イベントを実施。
・2018年11月/ブダペストの寿司和食レストランで、エステルゴムにあるオーガニック認定ワイナリー、スィヴェクワインと寿司刺身のマリアージュイベントを開催。
・2018年8月/ブダペスト近郊のエチェクで開催されたハンガリーのワインマガジン編集長主催のワインイベントにゲストとして招聘され出席。
・2018年5月/ブダペストの寿司和食レストランで、バラトン湖周辺にあるワイナリーのPR試飲イベント、ハンガリーワイン晩餐会を企画主催。
・2018年4月〜5月/東京 中目黒・三軒茶屋・新宿でそれぞれ、ハンガリーのトカイ、チョパク、バダチョニ、それぞれにある3ワイナリーのPRワインテイスティングイベントを企画主催開催。
・2018年2月/ハンガリー国内の大手ワインメディアのブラインドテイスティングにテースターとしてビデオ出演。
・2017年11月/ハンガリーのワイン業界で一番歴史のあるワイン雑誌、VinCEマガジンの特集ページ、43種類のシャンパン、スパークリングワインのブラインドテイスティングにテースターとして雑誌の誌面に出演(掲載される)。
・2017年7月〜8月/東京 恵比寿、吉祥寺、大阪*心斎橋にてそれぞれ、ハンガリーの大人気ネイルビューティブランド、Moyra製品のPRイベント、即売会を企画主催開催。日本のネイル業界にMoyraネイルプレートファンを大幅に拡大、現在、日本のネイルマーケットで大人気アイテムになっている。
・湘南ビーチFMワインのお話(約2年メインレギュラー)
・Ameba TV Abema Times ハンガリー情勢についてコメンテーターとして中継出演(2016年)

おすすめ

[instagram-feed]
error: Content is protected !!